GETTY

Photo: GETTY

2021年のグラミー賞は最優秀ロック・パフォーマンス賞の候補が史上初めて全候補が女性アーティストないしは女性がフロントを務めるアクトとなっている。

今年の最優秀ロック・パフォーマンス賞はフィオナ・アップルの“Shameika”、フィービー・ブリジャーズの“Kyoto”、ハイムの“The Steps”、ブリタニー・ハワードの“Stay High”、グレイス・ポッターの“Daylight”、ビッグ・シーフの“Not”が候補となっている。

グラミー賞のノミネーションは現地時間11月24日に発表されており、授賞式は2021年1月31日に行われる。

フィオナ・アップルとブリタニー・ハワード、ビッグ・シーフは最優秀ロック楽曲賞にもノミネートされており、同賞のノミネートも80%が女性アーティストとなっている。

フィオナ・アップルは『フェッチ・ザ・ボルト・カッターズ』が最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞にもノミネートされている。

今年の最優秀新人賞にはミーガン・ジー・スタリオン、フィービー・ブリジャーズ、イングリッド・アンドレス、チカ、ノア・サイラス、D・スモーク、ドージャ・キャット、ケイトラナダがノミネートされている。

全ノミネートはこちらから。

https://www.grammy.com/grammys/news/2021-grammys-complete-nominees-list

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ