GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストーン・ローゼズが2016年6月に単独来日公演を行うことが明らかになっている。

ザ・ストーン・ローゼズは来年6月にマンチェスターのエティハド・スタジアムで4公演を行い、T・イン・ザ・パークのヘッドライナーを務め、7月9日にダブリンのマーレイ・パークで公演を行うことが発表されていた。

公演は6月2日に日本武道館で行われる。チケットの詳細は近日発表されるという。

公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

http://www.creativeman.co.jp/artist/2016/06stoneroses/

オアシスの元マネージャーでありクリエイション・レコーズの創設者であるアラン・マッギーが、ニュー・アルバムの噂があり、2016年にマンチェスターやT・イン・ザ・パーク、ダブリンでライヴを行うザ・ストーン・ローゼズの復活がもたらすものについて語っている。

「ギグワイズ」のインタヴューに答えたアラン・マッギーは次のように話している。「ザ・ストーン・ローゼズが戻ってくることによって、人々はロックンロールがなんだったのかをまた思い出すと思うんだ。それは、音楽にとって素晴らしいことだよ。彼らのことはとにかく大好きなんだよ。僕はハッピー・マンデーズのマネジメントもしてたわけだから、僕がどれだけザ・ストーン・ローゼズのことを好きかは見当がつくよね」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ