Twitter

Photo: Twitter

レディー・ガガはデヴィッド・リーチが監督する映画『バレット・トレイン(原題)』に出演することが決定している。

『コリダー』の報道によれば、レディー・ガガはブラッド・ピット、ブライアン・タイリー・ヘンリー、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー・ジョンソン、アンドリュー・コージ、マシ・オカ、マイケル・シャノンに加わる形になるという。

伊坂幸太郎の『マリアビートル』を原作とした本作はザック・オルケウィックが脚本を手掛けている。あらすじは特急電車に乗り込んだ殺し屋の集団の話となっている。

レディー・ガガがどんな役を演じるかは分かっていない。しかし、『コリダー』によれば「主要な役というよりは助演の端役」だという。映画の公開日は発表されていない。

レディー・ガガは来年11月に公開予定のリドリー・スコット監督作『グッチ』にも出演予定となっている。

映画『グッチ』はサラ・ゲイ・フォーデンの著書『ザ・ハウス・オブ・グッチ』を基にしたものとなっている。

実話に基づいたこのクライム映画は夫の不実を知った妻のパトリツィア・レッジアーノが殺人罪で有罪になるものとなっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ