PRESS

Photo: PRESS

アイアン・メイデンは新たなライヴ・アルバム『ナイツ・オブ・ザ・デッド― レガシー・オブ・ザ・ビースト、ライブ・イン・メキシコシティ』が11月20日にリリースされることを記念して、インタヴュー映像が公開されている。

このインタヴューはレガシー・オブ・ザ・ビースト・ツアーの幕開けとなる2018年のヨーロッパツアー2日目、3日目のヘルシンキ公演で伊藤政則によって行われたインタヴュー映像となっている。

第1弾として公開されているのはエイドリアン・スミスで、明日にはデイヴ・マーレイの、明後日にはスティーヴ・ハリスのインタヴュー映像が公開される。

ライヴ・アルバム『ナイツ・オブ・ザ・デッド― レガシー・オブ・ザ・ビースト、ライブ・イン・メキシコシティ』は2019年9月にメキシコシティで行われた3公演を収録したものとなっている。

アイアン・メイデンの結成メンバーにしてベースのスティーヴ・ハリスは次のように語っている。「この夏ファイナルを迎える予定だった2020年のレガシー・ツアーが新型コロナウイルスの世界的流行によりキャンセルになったときは、バンド全員かなりがっかりして落ち込んでいたが、ファンも同じ気持ちだということを知った。俺たちは今まで以上に多くの地域でライヴをすることを本当に楽しみにしているし、来年にヨーロッパツアーのほとんどの公演をリスケジュールできたけれど、それでも世界中の誰もが楽しめるみやげとして最高のライヴ・アルバムを作れないかと、いままでのツアーで収録したものを聴いていたんだ」

「俺は本作にとても満足していて、特にセットリストにはいままでライヴ・アルバムに収録されたことがない楽曲“For The Greater Good Of God”なんかが入っているし、他にも“Where Eagles Dare”、“Flight Of Icarus”、“The Clansman”、“Sign Of The Cross”といったライヴでしばらく演奏していなかった曲が入っている。そしてメキシコで収録したライヴ・アルバムも初めてだし、いつもライヴで行くと素晴らしく迎えてくれるメキシコのファンたちの情熱や歓喜が十分に発揮されている作品になっていると思うよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ