PRESS

Photo: PRESS

マリーナはニュー・シングル“Man’s World”が公開されている。

マリーナ・アンド・ザ・ダイアモンズとして活動していたマリーナは昨年2つのパートに分かれた通算4作目となるアルバム『ラヴ+フィアー』をリリースしており、今夏次回作について「完成に近づいている」ことを明かしていた。

マリーナは全員女性とのコラボレーションとなる新作からの最初の楽曲“Man’s World”が公開されている。

マリーナが単独でソングライティングを手掛けた“Man’s World”はグラミー賞にもノミネートされたプロデューサーのジェン・デシルヴェオとエンジニアのエミリー・ラザーが参加している。エミリー・ラザーは女性として初めてグラミー賞で最優秀エンジニア・アルバム賞を受賞している。

“Man’s World”のミュージック・ビデオはこちらから。

“Man’s World”のミュージック・ビデオも全員女性のクリエイティヴ・チームで制作されている。MUNAやエンプレス・オブなど、女性アーティストによるリミックスも今後数週間にわたってリリースされる。

8月にライティング・セッションの写真と映像を公開したマリーナは次のように述べている。「いいエナジー! パラダイスの片隅で陽の光に弾けながら通算5作目のアルバムが完成に近づいていることをお伝えするわ」

2020年初頭にマリーナは「パリで曲を書いている」として、新曲の一部をソーシャル・メディアで公開していた。新作の詳細は今後発表される。

マリーナは今年2月にネットフリックスの番組『好きだった君へ:P.S.まだ大好きです』に提供した独立したシングル“About Love”をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ