GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトはファンに人気の楽曲“All Too Well”が最初は10分の大作だったことを明かしている。

米『ローリング・ストーン』誌が選ぶ「500枚の史上最高のアルバム」のポッドキャストでテイラー・スウィフトは2012年発表の『レッド』に収録された“All Too Well”がレコーディング・スタジオでのアドリブのセッションから始まったことを明かしている。

「Fワードが入っていて、エンジニアの人が『必要なら今やってくれたのをCDに焼くよ』と言ってくれたのを覚えている。『ぜひ』と私は言ったわ」

「家に持って帰って、聴いてみたら、『これは本当に気に入ったわ。でも、10分もある。削る必要がある』という感じだったの」

最終的にテイラー・スウィフトとソングライターのリズ・ローズは7つのヴァースを削ることを選び、結果最終版の感動的な楽曲に仕上がったという。

「あれはまさに偶然の産物で生まれた曲なのよ」とテイラー・スウィフトは続けている。

テイラー・スウィフトは自身の過去曲の権利所有者が2年以内のうちに2度も変わったことを受けて、初期6作の再レコーディングを始めたことを明かしている。

『ヴァラエティ』誌によれば、スクーター・ブラウンはテイラー・スウィフトの初期6作の権利を売却したという。購入したのは未公開株式投資会社のシャムロック・ホールディングスとなっている。

今回の契約ではスクーター・ブラウンが今後も「長年にわたって」彼女のカタログから利益を得るとされているとのことで、テイラー・スウィフトはシャムロック・ホールディングスと協力関係を望んでいるものの「スクーター・ブラウンの関与は私にとって話にならない」と述べている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ