GETTY

Photo: GETTY

システム・オブ・ア・ダウンのギタリストであるダロン・マラキアンはバンドが今月15年ぶりの新曲をリリースしたものの、更なる新曲が近い将来に現れることは「期待できない」と語っている。

システム・オブ・ア・ダウンの4人のメンバーはアルツァフ共和国への攻撃に抗議して、15年ぶりとなる2曲の新曲“Protect The Land”と“Genocidal Humanoidz”をリリースしている。

先日、BBCラジオ6・ミュージックのインタヴューでダロン・マラキアンは長きにわたって続いている方向性の違いがニュー・アルバムの制作を阻んでいることを認めていたが、今回『ギター・ワールド』誌のインタヴューでさらに自身の見解を語っている。

システム・オブ・ア・ダウンの更なる新曲の可能性について訊かれたダロン・マラキアンは次のように語っている。「いいかい、ないわけじゃないけどさ。それが実現するかは分からないね。これらの曲は別バンドであるスカーズ・オン・ブロードウェイでリリースしようとしていた曲なんだ。そんな時にアルメニアの状況が起きて、方向性の違いを脇に置いたんだ。方向性の違いというのはバンドに関することだけなんだ」

「人間的にとか、バンド以外のことであれば、まあまあ仲もいいんだよ。システム・オブ・ア・ダウンの仲でお互いに対する嫌悪感とかはない。家族みたいなものだからね。多くの人は『サージとダロンがうまくいってないんだ』と考えているようだけど、それは事実とは違う。サージとダロンは問題なくうまくやっているよ」

ダロン・マラキアンはバンド内の方向性の違いのついて「それぞれの人間がバンドの先行きについて別々の考えを持っている」ことが原因だと述べている。

ダロン・マラキアンは「この後すぐにシステム・オブ・ア・ダウンの音楽が更に制作することは期待できないね」と続けている。しかし、2曲の新曲へのファンによるポジティヴな反応は「自分にとって多くなことだった」と述べている。

「人々や未来の世代を刺激してアートやロックンロールの真髄や進化を続けてもらうこと、それがすべてなんだ」

「俺たちは2曲の新曲をシステム・オブ・ア・ダウンのカタログに加えて、それがこれまでリリースしてきたものと同じレベルのもので、ファンもそう受け止めてくれた。それは自分にとって大きなことだったね」

彼は次のように続けている。「今後更にやることになったら話をすることになるだろうけど、とりあえず今は自分のやっていることを続けるよ。みんなもそれぞれのやっていることを続けるはずだよ」

「それもクールだけど、みんなからの反応には本当に喜んでいるんだ」

システム・オブ・ア・ダウンはアルメニアへの指示を表明したことで殺害予告を受けたことも明かしているが、アルメニア・ファンドに60万ドル(約6300万円)を寄付している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ