PRESS

Photo: PRESS

ケイティ・ペリーはティエストとアイタナを客演に迎えた“Resilient”の新バージョンのミュージック・ビデオが公開されている。

ティエストとアイタナを客演に迎えた“Resilient”の新バージョンは11月13日より配信されている。

コカ・コーラの「オープン・トゥ・ベター」キャンペーン・ソングである同曲のミュージック・ビデオは、楽曲のタイトル通り『元気を回復すること』がテーマとなっており、ケイティ・ペリーやアイタナ、ティエストたちも出演している。

“Resilient”の新バージョンのミュージック・ビデオはこちらから。

ケイティ・ペリーはテイラー・スウィフトの影響で自分の「ジューシー」な部分をすべてさらけ出すドキュメンタリーの制作を計画しているという。

通算5作目となるアルバム『スマイル』をリリースしたケイティ・ペリーだが、前作『ウィットネス』をリリースして以降のツアーの様子やスタジオの模様を撮影した映像を制作している。

「最初は何かを出そうという考えだけだったんだけど、時が経つにつれ内容がジューシーなものになっていったの」とケイティ・ペリーは『デイリー・スター』紙に語っている。「『ウィットネス』の頃は大きな本の一つの章だと思っていて、それはまだ終わっていないのよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ