GETTY

Photo: GETTY

亡くなったエディ・ヴァン・ヘイレンの息子であるウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはソロとしての初の楽曲“Distance”をリリースしている。

エディ・ヴァン・ヘイレンは長きにわたる咽頭ガンとの闘病の末に10月6日に亡くなっている。ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンは当時次のようにツイートしている。「これを書かなければいけないのが信じられないですが、エドワード・ロードウィッチ・ヴァン・ヘイレンは今朝長く大変なガンとの闘いを終えました」

「求めうる限り最高の父親でした。ステージでもオフステージでも彼と共有したすべての時間が贈り物でした。私の心は傷つき、この喪失から完全に回復することはないと思います。大好きだったよ、父さん」

今回、ウォルフガング・ヴァン・ヘイレンはマンモスWVH名義で“Distance”という楽曲を発表している。ミュージック・ビデオも公開されており、父親との思い出が撮影されたホーム・ビデオの映像が時系列順に使用されている。

先日、AC/DCのギタリストであるアンガス・ヤングは先月亡くなったエディ・ヴァン・ヘイレンの死について語っている。

「彼と初めて会ったのは90年代だったと思う。ヨーロッパをツアーしていた時に一緒にライヴをやったんだ」と彼は続けている。「彼はすごくあたたかい人でね。彼についてまず言っておきたいのは会ってすぐに大きな笑顔を見せてくれることでね。そして、ハグをしてくれたんだ。会ったことを喜んでくれるんだよ」

「音楽界にとって大きな損失だよね。でも、幸運にも彼に会えた人間としてはさらに大きな悲劇と言えるんだ。彼の家族や近かった人たちにとってもね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ