GETTY

Photo: GETTY

システム・オブ・ア・ダウンのギタリストであるダロン・マラキアンは考えの違いを脇に置いて新作を作れないことを「恥ずかしい」と語っている。

システム・オブ・ア・ダウンの4人のメンバーはアルツァフ共和国への攻撃に抗議して、2曲の新曲“Protect The Land”と“Genocidal Humanoidz”をリリースしている。

ダロン・マラキアンとサージ・タンキアンは音楽的・商業的方向性の違いのために一緒に時間を過ごす貴重な時間を維持するのに苦労してきたが、ダロン・マラキアンは「僕だけじゃなく、残りの3人はサージがバンドに持ち込みたいことに必ずしも同意しなくてもいいと考えている」とも語っていた。

BBCラジオ6・ミュージックのマット・エヴェリットに対してダロン・マラキアンはシステム・オブ・ア・ダウンの新作の可能性について語っている。「そんなにシンプルなことじゃないと思うね。そうなったらいいとは思うけどね。そうあるべきだと思うけどさ。でも、ちょっと複雑なことになっているんだ。『この人物とあの人物なんだ』なんていうことについては踏み入れたくないけどね」

「今回は正当な理由のためにやったんだ。正しい理由のためにね。ここからお金を稼いだりはしてないんだ。あれは全部俺たちの国のための気高い理由が必要としたことだったんだ」

“Protect The Land”と“Genocidal Humanoidz”について彼は次のように続けている。「あの2曲は本当に心地よくスムーズにできたんだ。全員仲が良くてね。クールだったよ」

「自分としては外に出た後に、あることのせいでアルバムを実現させるために団結できないなんて恥ずかしいと言ったよ」

システム・オブ・ア・ダウンはドラマーのジョン・ドルマヤンがバンドの歌詞とは裏腹に共和党を強く支持していることによってさらに関係が複雑になっている。

先日、ジョン・ドルマヤンはアメリカ大統領選挙におけるジョー・バイデンの勝利に疑問を呈しており、バンドが新作をリリースすることについて「非常に実現しにくい」と語っていた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ