GETTY

Photo: GETTY

レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジは新型コロナウイルスのパンデミックによってライヴへの復帰を考えさせられたと語っている。

ここ数年にわたってライヴへの復帰を計画していたジミー・ペイジは新たなインタヴューでロックダウンによって再びツアーに出ることを考えさせられたと語っている。

「最初にロックダウンになった時に『今がどこかで戻って、パフォーマンスをやることについて考え始める時だ』と思ったんだよね」と彼は『GQ』誌の12月号で語っている。

彼は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために世界中のコンサートが中止になったことがライヴなしでは「音楽には何の意味もない」という自身の考えを強めたと語っている。

インタヴューでジミー・ペイジはアートの未来についても語っており、ライヴができないことが新人アーティストのブレイクに与える影響についても言及している。

「なんて悲しく絶望的な時期なんだろうね。このウイルスが家族やアートや僕らが好きで大切にしてきたことやコンサート産業全体にしたことを考えると心配になるんだ」と彼は語っている。「僕は1人でレコーディングして、誰かにファイルを送るなんていう人にはならないからね。そもそもそういうことをするために音楽にのめり込んだんじゃないんだ。一緒に演奏することが重要なんだよ」

「人と一緒に演奏する必要があるし、ライヴが必要だし、そのコミュニティが必要なんだ。だって、それがなかったら音楽に何の意味もないわけでさ」と彼は続けている。「ライヴをやるのは若いミュージシャンにとってすごく重要なことなんだ。僕らが若い時は小さいライヴをやったんだ。もっと大きい場所でできることを願い、ミュージシャンが一緒に演奏するその交流に関わるのが重要なんだ」

彼は次のように締めくくっている。「僕にとっては常にそれが最もじゅうようなことだったんだよね」

先日、ジミー・ペイジは2007年の一夜限りの再結成の後、ツアーを計画していたことを明かしている。

ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズによるレッド・ツェッペリンは亡きジョン・ボーナムの息子であるジェイソン・ボーナムと共にアトランティック・レコードの社長だったアーメット・アーティガンに追悼の意を表して2007年にロンドンのO2アリーナで一夜限りの再結成ライヴをしている。

一方、ジミー・ペイジは新刊『ジ・アンソロジー』のトレイラー映像が公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ