GETTY

Photo: GETTY

AC/DCのギタリストであるアンガス・ヤングは先月亡くなったエディ・ヴァン・ヘイレンの死について語っている。

AC/DCは通算17作目となるニュー・アルバム『パワーアップ』をリリースしている。

『ラジオ.com』のインタヴューでアンガス・ヤングはエディ・ヴァン・ヘイレンへの賛辞を寄せている。「エディについて僕が言えるのは世界にとって彼のギター・スタイルは途轍もなく革新的だったということでね。世界に対してギターとはどうあるべきかを再発明したんだ。君も知っているであろう多くの人々に影響を与えたんだよ」

「彼と初めて会ったのは90年代だったと思う。ヨーロッパをツアーしていた時に一緒にライヴをやったんだ」と彼は続けている。「彼はすごくあたたかい人でね。彼についてまず言っておきたいのは会ってすぐに大きな笑顔を見せてくれることでね。そして、ハグをしてくれたんだ。会ったことを喜んでくれるんだよ」

「音楽界にとって大きな損失だよね。でも、幸運にも彼に会えた人間としてはさらに大きな悲劇と言えるんだ。彼の家族や近かった人たちにとってもね」

「ガンが再発したと聞いた時、乗り越えてほしいと願って祈っていたわけでさ」

「やっぱり常に思い出すのはあれだね。『悪魔の氷』のアメリカ・ツアーをやっていた時にロサンゼルスの公演を観に来てくれたんだけど、彼は変わらなかった。大きな笑顔で、楽しそうで、会えたのを喜んでくれたんだ。彼はマルコムのことも好きだったんだ」

「つらいことだよね。大きな穴が残ることになった。彼に会ったことのある多くの人に大きな穴を残すことになったんだ」

エディ・ヴァン・ヘイレンは長きにわたるガンとの闘病の末に10月6日の朝に亡くなっている。享年65歳だった。

デイヴィッド・リー・ロスは2人のモノクロの写真をツイートして、「なんて長く素晴らしい旅だったか」という言葉を添えている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ