YouTube

Photo: YouTube

ジェニー・ベスは“I’m The Man”のパフォーマンス映像が公開されている。

ジェニー・ベスとバンドメンバーのそれぞれの自宅で撮影された白黒の映像は激しいパフォーマンスが収められたものとなっている。

“I’m The Man”は今年6月にリリースされたソロ・デビュー・アルバム『トゥ・ラヴ・イズ・トゥ・リヴ』に収録されている。

パフォーマンス映像はこちらから。

先日、ジェニー・ベスは“We Will Sin Together”を披露したパフォーマンス映像も公開されている。

「お祝いのような気分?」とジェニー・ベスはジョー・バイデンがアメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ大統領に勝利したことを受けてツイートしている。「家で撮影した“I’m The Man”のライヴ・バージョンを届けるわ。この曲を演奏するのにこれ以上うってつけの時はないと思う。そして、この曲を『ピーキー・ブラインダーズ』のサウンドトラックとしてリリースされてから、ちょうど1年なの」

『NME』に対してジェニー・ベスは2016年にデヴィッド・ボウイの訃報を聞いたことがアルバムへの閃きに繋がったと語っている。

「ロサンゼルスにいた夜、午前3時に電話を見たら、デヴィッド・ボウイが亡くなっていたの。眠れなくって一晩中、彼の音楽を聴いていたわ」とジェニー・ベスは語っている。

「明らかに悲しいんだけど、その死が私の人生の一部であることをすごく自覚できた。いつか私も死ぬけど、私の核にはまだ終わらないものがあることを感じたの。それが今回のアルバムよ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

ビッコレ
ビッコレ
関連タグ