GETTY

Photo: GETTY

マイ・モーニング・ジャケットは11月28日にニューヨークのビーコン・シアターで行われた公演で、イーグルス・オブ・デス・メタルの“I Love You All The Time”のカヴァーを披露している。

イーグルス・オブ・デス・メタルは、カヴァーによる著作印税を11月13日にパリで起きたテロの犠牲者に寄付するため、他のアーティストに楽曲をカヴァーしてもらうよう呼びかけていた。

「ステレオガム」によれば、マイ・モーニング・ジャケットはテロの犠牲者に捧げて黙祷も行ったという。

その時の模様はこちらから。

My Morning Jacket covering Eagles of Death Metal for the Paris attacks. #mmj #mymorningjacket #eaglesofdeathmetal #eodm #nyc #beavontheatre #parisattacks

montanablackdiamondさん(@montanablackdiamond)が投稿した動画 –

#mymorningjacket covering Eagles of Death Metal's "I love you all the time" to support victims of terror. Classiest band around.

Jeremy Beckさん(@jeremydavidbeck)が投稿した動画 –

@mymorningjacket cover @eodmofficial at @beacontheatre 11/28/15 #NewYorkCity #Paris #Tribute #MyMorningJacket

BlacksteinPhotographyさん(@blacksteinphotography)が投稿した動画 –

イーグルス・オブ・デス・メタルは11月20日にパール・ジャムにもカヴァーされている。パール・ジャムはベロ・ホリゾンテで行われたライヴで“I Want You So Hard (Boy’s Bad News)”をカヴァーしている。

パール・ジャムにとって同曲は初めて演奏する楽曲だったが、11月13日にイーグルス・オブ・デス・メタルのライヴを行われたパリのバタクランで89名が亡くなったのを受けて、その1週間後にカヴァーを披露している。

パール・ジャムとイーグルス・オブ・デス・メタルは昔から付き合いがあり、パール・ジャムが2012年にリリースしたクリスマス・シングル“In The Moonlight”にはジョシュ・オムが参加しており、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジとパール・ジャムも共にライヴを行っている。

パール・ジャムは今回の南米ツアーで様々なカヴァーを披露しており、ザ・ビートルズやピンク・フロイド、ジョン・レノンのカヴァーを披露している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ