GETTY

Photo: GETTY

イギリスのダウンロード・フェスティバルは2021年の追加ラインナップを多数発表している。

6月にドニントン・パークで開催される予定のダウンロード・フェスティバルはキッス、ビッフィ・クライロ、システム・オブ・ア・ダウンがヘッドライナーを務めることが発表されている。

ハロウィン風のビデオで追加ラインナップは発表されており、メガデス、ディセンデンツ、ボストン・マナーらの出演が決定している。

ヴェノム・プリズン、ザ・スキンツ、クリーパーのヴォーカリストのウィル・グールドによる新プロジェクトのセイレムなど、19アーティストが追加されている。

2021年のダウンロード・フェスティバルはドニントン・パークで6月4日から6月6日まで開催される。

追加ラインナップは以下の通り。

Ayron Jones
Boston Manor
Dead Poet Society
Descendents
Fire From The Gods
Massive Wagons
Megadeth
Monster Truck
Northlane
Renounced
Salem
Static Dress
The Injester
The Scratch
The Skints
Uncured
Venom Prison

2021年のダウンロード・フェスティバルには他にもデフトーンズ、コーン、ザ・ディスティラーズ、スティール・パンサー、フランク・カーター&ザ・ラトルスネイクス、ザ・ダークネス、ブラック・ヴェイル・ブライズ、クリーパーらが出演する。

キッス、アイアン・メイデン、システム・オブ・ア・ダウンが2020年のヘッドライナーを務める予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックで中止となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ