GETTY

Photo: GETTY

ライド/元オアシスのアンディ・ベルはソロ・デビュー・アルバムの楽曲も披露した30分のライヴ映像が公開されている。

アンディ・ベルは今月ソロ・デビュー・アルバム『ザ・ヴュー・フロム・ハーフウェイ・ダウン』をリリースしている。

今回のライヴではオアシスの“Turn Up The Sun”、ビーディ・アイの“World Outside My Room”、ハリケーン#1の“Step Into My World”、ライドの楽曲も披露されている。

パフォーマンス映像はこちらから。

アルバムのエンジニアはオアシスでバンドメイトだったゲム・アーチャーが務めており、2016年のデヴィッド・ボウイの死を受けてアンディ・ベルは4年間にわたってアルバムをレコーディングしてきたという。

「ずっとソロ・アルバムは作りたくて、ずっとやると言っていたんだけどさ。でも、このアルバムのような形で実現して、こんなサウンドになるとは想像もしていなかったよ」とアンディ・ベルは語っている。

「途中で消えてしまった無数のアイディアと共に、ほぼ完成していた山のような曲があったんだけど、ロックダウンのおかげでそれを世に出す方法を見つける機会をもらったんだ」

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ