GETTY

Photo: GETTY

AC/DCのブライアン・ジョンソンは花火を装備したマルコム・ヤングと共にネス湖のネッシーのハンティングに行った時のことを振り返っている。

ブライアン・ジョンソンは『NME』との新たなインタヴューでスコットランドで休暇を過ごしている時にウイスキーを飲んでネッシーを見つけに向かった時のことを振り返っている。

「2人でランド・ローヴァーに乗って、スコットランドに旅に出たけど、マルコム・ヤングは自分の花火が大好きで、花火を入れた大きなボックスを持ってきていたんだ」とブライアン・ジョンソンは語っている。

「ある夜、酔っ払って、湖のほとりのホテルにいたんだけどさ。マルコムが言うんだ。『ネッシーを見つけよう。花火があるから、惹きつけられるかもしれない』ってね」

振り返ってブライアン・ジョンソンは次のように述べている。「それで行ったんだけど、靴のまま水の中を膝まで入っていったんだけど、冷たかったよ」

「マルコムは片手で飲みながら、もう一つの手で花火の箱を抱えていてね。湖に花火を仕掛けようとしていた。俺たちは大騒ぎをしていた。妻のところに戻る頃には髪に草が入って、泥だらけだった。すごい夜だったよ」

インタヴューでブライアン・ジョンソンはニュー・アルバム『パワーアップ』が新世代のシンガーたちに刺激を与えられたらと語っている。

「TikTokでダンサーを観る代わりにこのアルバムが若いキッズたちがギターを買いに出ることを願っているよ」と彼は語っている。「若いロック・バンドが増えたら素晴らしいよね。自分たちで曲を書いて、ステージに立つんだ」

AC/DCのニュー・アルバム『パワーアップ』は11月13日にリリースされる。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ