GETTY

Photo: GETTY

ザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャーズはロックでのシンセサイザーの使用について批判し、「安っぽくてダサい」と批判している。

キース・リチャーズは米『ローリング・ストーン』誌でロックの現状について訊かれて「新しいロックンロールなんて存在しない。見えないね」と語っている。

「素晴らしいミュージシャンもいるし、素晴らしいシンガーもいる。でも、自分にとっては残念ながら音楽としてロックは死ぬほどシンセサイザー化されてしまったんだ」

「一度シンセサイザー化し始めたら、リアルなものじゃなくなってしまうんだよ」

彼は次のように続けている。「シンセサイザーや最近の音楽についてはベラベラ喋りたくないんだ。安っぽくてダサいってこと以外はね」

同じインタヴューでキース・リチャーズはブラック・ライヴス・マターの抗議運動を支持していると述べ、「遅すぎたんだ」と語っている。

キース・リチャーズはロックンロールの先駆者はブラック・ミュージックだったと説明して、「自分が今ある理由」だと語っている。

「遅すぎたんだ。アメリカでも機が熟してきたってことだね。そういうことだよ。解決しなきゃいけないんだ。この件について語るのは難しいね。自分はアメリカ人じゃないからね」

「この国で暮らし、身も心もそうで、君たちと同じ1人だけど、でも干渉できないよ。プーチンみたいなものだよ。選挙のプロセスには干渉したくないんだ」

ザ・ローリング・ストーンズは先日、全米アルバム・チャートで1位を獲得し、歴史的な記録を達成している。

ザ・ローリング・ストーンズにとって『山羊の頭のスープ』の再発盤は13枚目の全英アルバム・チャート1位を獲得したアルバムとなっていて、6つの年代で全英アルバム・チャート1位を獲得した初めてのアーティストとなっている。13枚というのでエルヴィス・プレスリーとロビー・ウィリアムスに並ぶこととなり、ザ・ビートルズだけが15枚のアルバムで全英アルバム・チャートの1位を獲得している。

ザ・ローリング・ストーンズはレコーディングのためにスタジオに戻る予定だと見られている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ