PRESS

Photo: PRESS

ジュース・ワールドは最新作『レジェンズ・ネヴァー・ダイ』の日本盤が本日10月28日にリリースされたことを受けて、最新作のジャケット写真のグラフィティが渋谷のマンハッタンレコードの壁で公開されている。

『レジェンズ・ネヴァー・ダイ』はジュース・ワールドにとって死後初となるアルバムで、ザ・ウィークエンド、ホールジー、マシュメロ、トリッピー・レッド、ポロ・ジー、ザ・キッド・ラロイなどが参加している。

ジュース・ワールド初となる日本盤のアルバムの本作には“All Girls Are the Same”、“Lucid Dreams”、“Robbery”などの代表曲を日本限定で追加収録した内容となっている。

また、10月10日が世界メンタルヘルスデーだったことを受けてジュース・ワールドの母親であるカーメラ・ウォレスは次のような声明を発表している。「(世の)親や子供に私が送りたいメッセージはシンプルです。一人で苦しむ必要がないということです。メンタルヘルスによる苦しみを恥じる必要などないのです。助けはあります。抜け出す方法もあります」

今年4月、“Righteous”のリリースにあたってジュース・ワールドのマネジメントは本人のソーシャルメディアを通じて以下の声明を発表している。「ジュース・ワールドは、人生を音楽作成に捧げた多才なアーティストでした。だからこそ、彼の未発表の音楽をどう世界と共有するべきか、とても悩みました。彼の卓越した才能と精神に焦点を当てつつも、ジュースがファンに対して感じていた愛を尊重し、受け継いでいくことは、私たちにとって最も重要な課題です。今週のはじめに、ジュースの母であるカーメラ・ウォレス氏はグレードAおよびインタースコープ・レコードの追加支援を受けて設立されたチャリティ基金『ライヴ・フリー999ファンド』を発足しました。そして本日、ジュースがロサンゼルスのスタジオで作成した楽曲“Righteous”をリリースします。この曲を聴くことで、皆さんの心の中でジュースの精神が生き続けてくれたらと願っています。皆さんの健康と安全をお祈りしています」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ