GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは新型コロナウイルスのパンデミックが続く中で飲食店の午後10時以降の営業禁止のルールを破ったと報じられている。

イギリスでは新型コロナウイルスの感染が再び拡大しており、7人以上の集会や飲食店の午後10時以降の営業、屋内で別の世帯と集まることが禁止されている。

ノエル・ギャラガーの妻であるサラ・マクドナルドが10月22日に49歳の誕生日を迎えたことを受けて、ノエル・ギャラガーはウェスト・ロンドンにあるレイロウでバースデイ・パーティーを開催している。

『ザ・サン』紙はノエル・ギャラガーが午後10時以降の営業禁止のルールを破って、レストランに午前0時30分まで滞在していたと報じている。バースデイ・パーティーには20歳の娘のアナイスや家族の友人も参加したとのことで、屋内で別の世帯と集まることについても違反している。

先日、ノエル・ギャラガーは今年制定された法に反して買い物の時にマスクをしないと語っている。

マット・モーガンとのポッドキャストに出演したノエル・ギャラガーは新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために推奨されているマスクの着用について「くだらない」と語っている。

「全部がくだらないよな。(イギリスの高級百貨店である)セルフリッジズでもマスクを着けることになっているわけだけどさ。それでパブに行ったら、バカどもに囲まれることになるわけでね。言ってること分かるか? パブだとウイルスは持っていなくて、セルフリッジズだとウイルスは持っているとでも言うのか?」とノエル・ギャラガーは語っている。

「聴いてくれ。法で決まっていることじゃないんだ。今はあまりにたくさんの自由を奪われているんだ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ