JORDAN HUGHES/NME

Photo: JORDAN HUGHES/NME

来年度のレディング&リーズ・フェスティバルの第1弾となるラインナップが来週発表される予定となっている。

マムフォード&サンズ、メタリカ、ザ・リバティーンズがヘッドライナーを務めた2015年に引き続き、2016年も8月にレディング&リーズ・フェスティバルが開催される。

先月、ブックメーカーのベットフェアは、オリジナル・メンバーで再結成してツアーを行うとの噂が飛び交っているガンズ・アンド・ローゼズが、2016年のレディング&リーズ・フェスティバルのヘッドライナーとなる予想に2.2倍のオッズを付けている。

広報担当者は彼らが過去にヘッドライナーを務めたことを引き合いに出している。(アクセル・ローズによる新生ガンズ・アンド・ローゼズが、2010年にヘッドライナーを務めている)

一方、ブリング・ミー・ザ・ホライズンのフロントマンであるオリヴァー・サイクスは『NME』のインタヴューに対し、2015年のフェスティバルではメイン・ステージで最後から2番目での出演を果たしているので、いつかはレディング&リーズ・フェスティバルでヘッドライナーを務めてみたいと答えている。

将来、ブリング・ミー・ザ・ホライズンがフェスティバルでヘッドライナーの座を勝ち取る可能性について、オリヴァー・サイクスは『NME』に次のように答えている。「この10年間、ひたすら活動し続けてきた。最初の頃なんて、親にライヴ会場まで車で送ってもらってたんだよ」

「あちこちへツアーに行くたびに、今までやってきたことにより一層ありがたみを感じるんだ。いつかヘッドライナーをやりたいかって? 最高だろうね。つとめられると思ってるよ。もしオファーされたら、間違いなく忘れられないライヴにするさ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ