GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは次のアルバムにはザ・ストーン・ローゼズのジョン・スクワイアに参加してもらいたいと語っている。

通算4作目となるアルバムに現在取り組んでいるノエル・ギャラガーだが、『フー・ビルト・ザ・ムーン?』に続く新作にはジョン・スクワイアに参加してもらいたいと語っている。

ノエル・ギャラガーはマット・モーガンのポッドキャスト『ファニー・ハウ?』で次のように語っている。「彼は偉大なギタリストだよね。いつも俺のアルバムの1枚で彼に演奏してもらえるよう脅しをかけているんだけどさ。でも、お願いできてはいないんだ。そうしてみることにするよ。彼はちょっと浮世離れしているよね」

ノエル・ギャラガーは次のように続けている。「彼は偉大なアーティストでもあるからね。その気になれば、アートを売ることもできる。ザ・ストーン・ローゼズをやる前は彼はアニメーション・スタジオで働いていたんだ。子供向けのテレビ番組があっただろ。人形を使った『トランプトン』とかさ。彼はそういうのを作っているスタジオで働いていたんだ。彼はアニメーターや人形士で、ザ・ストーン・ローゼズのアートワークも全部やっているんだよ」

ジョン・スクワイアはオアシスが1996年に行ったネブワース公演の2夜目にゲスト出演したことで知られている。

インタヴューでノエル・ギャラガーはクエンティン・タランティーノ監督のサウンドトラックに合いそうな曲を書いたことも明かしている。

彼は次のように語っている。「最近書いた曲があるんだけど、素晴らしいサウンドだったんだ。スパゲッティ・ウェスタンみたいなサウンドでね。クエンティン・タランティーノの映画にいいだろうね。最高なんだ。ヴァースはすごく低いんだけど、コーラスは本当に高いんだ」

来たる新作についてノエル・ギャラガーは次のように続けている。「今度のアルバムは一人でやっているんだ。すごくギターを土台にしたものになるフィーリングがあるんだよね。ポップ・ソングなんだけど、少しエッジィなんだ」

ノエル・ギャラガーは先日ジョン・レノンのトリビュート・アルバムに参加することが明らかになっているほか、ディジー・ラスカルとレコーディングを行ったことが判明している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ