GETTY

Photo: GETTY

ヴァン・ヘイレンのエディ・ヴァン・ヘイレンを偲ぶ催しがほぼ50年前にバンドが結成されたパサデナで計画されている。

エディ・ヴァン・ヘイレンはガンとの闘病の末に10月6日に享年65歳で亡くなっている。エディ・ヴァン・ヘイレンはパサデナで幼少期を過ごしており、彼と弟のアレックスが10代の頃にヴァン・ヘイレンの名前をスプレーで書いたアレン・アヴェニューもある。

エディ・ヴァン・ヘイレンのイベントは現地時間10月26日に行われるパサデナの議会で検討される。『ブラバーマウス』によれば、議会のアジェンダではイベントに関する複数の提案が行われるという。

レポートには次のように記されている。「彼の死後、パサデナは地元の人々からヴァン・ヘイレンの偉大さとパサデナとの繋がり、彼の芸術性が音楽に与えた影響を讃えるなにかをしてほしいというリクエストや提案を受けています」

レポートは次のように続いている。「ヴァン・ヘイレンとパサデナの繋がりは地元の住民にとって誇りとなっているもので、通りや路地に名前をつけたり、モニュメントを建てたりなど、複数のリクエストが寄せられているのです」

「ヴァン・ヘイレンの自宅に近いラス・ルーナス・ストリートにあるノース・アレンの舗道が彼の死後、当面の追悼場所になっており、地元の追悼場所の関する幅広い議論を生み出すことになりました。ここ1週間、スタッフは他の追悼場所の開設や通りや路地に名前をつけること、エディ・ヴァン・ヘイレンに関連するエリアに公共のモニュメントを設置することを検討しています」

議会ではどんな形でエディ・ヴァン・ヘイレンを偲ぶのが適切か検討される。

先日、オジー・オズボーンは訃報を受けてエディ・ヴァン・ヘイレンに追悼の意を表している。

「エディ・ヴァン・ヘイレンがギターを弾くのは1日中だって観てられるだろうね。ギタリストとして楽しませてくれるんだ。難しくないかのように見せてくれるんだ。自然なことのようにね。誰もがエディ・ヴァン・ヘイレンになろうとしたけど、エディ・ヴァン・ヘイレンは1人しかいないんだ。素晴らしかったと思う。あんなに素晴らしくなるには何をしなきゃいけないのか、神のみぞ知るって感じだよね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ