Joseph Vozza / Press

Photo: Joseph Vozza / Press

イージー・ライフはニュー・シングル“Daydreams”が公開されている。

“Daydreams”は先週ソーシャル・メディアでリリースが発表されており、今年1月にリリースされたミックステープ『ジャンク・フード』に続く来たるデビュー・アルバムからの最初の楽曲となっている。

“Daydreams”はアレサ・フランクリンが1972年に発表した“Day Dreaming”を「現代の逃避主義へのサウンドトラック」として作り変えたものだとプレス・リリースでは評されている。

フロントマンのマレー・マトラヴァーズは“Daydreams”について次のように語っている。「ほとんどのみんなと同じように、僕も今年はあり得たかもしれない違った現実を想像しながら、自宅で白昼夢を見て過ごしたんだ」

「そうした退屈さや倦怠から生まれたのが“Daydreams”で、酔っ払って、恋に落ちたり別れたりするんだ」

イージー・ライフは7月に2曲を収録した“Who Gives A F**k?”をリリースしている。5月には『シー・ユー・レイター・メイビー・ネヴァー』というデモ集で“Peanut Butter”と“Petty Crime”の2曲がリリースされている。

イージー・ライフは本日10月23日にリリースされるプロデューサーのフレイザー・T・スミスのアルバム『12クエスチョンズ』にゲスト参加している。

アルバムはフューチャー・ユートピア名義でリリースされ、ストームジー、アーロ・パークス、デイヴ、イドリス・エルバらが参加している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ