Mary McCartney/MPL Communications

Photo: Mary McCartney/MPL Communications

ポール・マッカートニーは新型コロナウイルスのパンデミックを受けて第二次世界大戦の両親を思い出したと語っている。

ポール・マッカートニーは新たなソロ・アルバム『マッカートニーIII』を12月11日にリリースすることを発表しており、ポール・マッカートニーはBBCラジオ6でマット・エヴェリットのインタヴューを受けている。

新型コロナウイルスのパンデミックが続いたここ6ヶ月についてどう見ていたかと訊かれて、ポール・マッカートニーは次のように語っている。

「ニュースをつけると、最初のニュースはどれだけの人数が亡くなっているかだったよね。しばらくは気が滅入ったよね。でも、実のところ、いろんなことを乗り越えられたのは第二次世界大戦中の父と母、ジムとメアリーを思い出したんだ。彼らは生き残ったわけだけど、爆撃で右も左も亡くなったのに彼らは素晴らしい精神の持ち主で、僕らはリヴァプールに暮らす子供としてそうした精神と共に育ったんだ。『さあ楽しもう。樽でも出すぞ』ってね。そういう戦時中の精神を両親は持っていたんだ。僕もそれを受け継いでいて、それを使ってるんだ。両親ができるなら、僕にもできるぞってね」

新作についてポール・マッカートニーはプレス・リリースで次のように語っている。「家族と農場でロックダウンの生活をする中で、毎日スタジオに行っていたんだ。映画音楽で少し作らなければいけないものがあって、それがオープニング曲になったんだけど、それができた時に次は何をやる?と思ったんだ。だいぶ前に取り組んだものの時間切れになってしまっていた曲があって、完成途中で残されていたんで、手元にある曲について考え始めたんだ」

「日々、曲を書いた楽器でレコーディングを始めて、そこにレイヤーを乗せていったんだけど、すごく楽しかったよ。仕事として音楽を作るというよりは自分のために音楽を作る感じだったんだ。だから、自分がやるのを好きなものをやって、アルバムになるかも分からなかったんだ」

ポール・マッカートニーは50周年となる今年のグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務める予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックのために中止となることが今年3月に発表されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ