Lewis Evans

Photo: Lewis Evans

インヘイラーは最新シングル“When It Breaks”のスタジオ・ライヴ映像が公開されている。

インヘイラーは先週“When It Breaks”をリリースしており、スタジオ・ライヴでは“It Won’t Always Be Like This”も披露している。

スタジオ・ライヴ映像はこちらから。

「“When It Breaks”はここ数ヶ月で書いたんだ」とインヘイラーは新曲について語っている。「ロックダウンの最中にインストゥルメンタルのデモをいじっていたんだけど、ダークなのにすごく希望を感じられるサウンドになっていたんだ。夏にスタジオに戻った時に知恵を出し合っていたら、今起こっていることやそれについて感じていることを書かなければならないと思ったんだ」

「ツアーの生活に慣れていたから、ツアーからロックダウンに突然なったことは僕らにとって大きな調整が必要だった。最初は休みを喜んでいたけど、すぐに中毒になっていたフェスティバルやライヴに死ぬほど戻りたくなった。その時、感じていたこと、そこから数ヶ月が経った今も感じている不安についての歌詞と音楽になっているんだ」

インヘイラーは次のように続けている。「これまでリリースしてきた中でも最も政治的な面で駆られた曲だよ。僕たちが暮らすことになった奇妙で不完全な世界を解釈したものなんだ。物事は変わるもので、そうなったら僕らもそこに向かうことになるんだ」

先日、インヘイラーはマジー・スターの“Fade Into You”をカヴァーしているほか、デビュー・アルバムからのシングル“Falling In”をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ