GETTY

Photo: GETTY

スティーヴ・ウインウッドはスペンサー・デイヴィスが今週亡くなったことを受けてスペンサー・デイヴィスに追悼の意を表しており、「ヴィジョンのある人だった」と賛辞を寄せている。

1963年にオルガン/リード・ヴォーカルだったスティーヴ・ウインウッドと共に1963年にバーミンガムでスペンサー・デイヴィス・グループを結成したスペンサー・デイヴィスは肺炎の治療中だった現地時間10月19日に病院で亡くなっている。

米『ローリング・ストーン』誌でスティーヴ・ウインウッドは彼が13歳で、スペンサー・デイヴィスが22歳だった初めて会った時のことを振り返っている。

「僕は兄のバンドと共にバーミンガム大学で公演をやったんだ。スペンサーはバーミンガムで学生をやりながら、ミュージシャンと演奏していた。僕らは出会い、そうしてスペンサー・デイヴィス・グループの種が蒔かれたんだ」

スペンサー・デイヴィス・グループは“Keep On Running”、“Gimme Some Lovin”、“I’m A Man”といった60年代のヒット曲で知られている。

「スペンサーはブリティッシュ・フォーク・シーンの初期の先駆者だった。彼はフォーク・ブルースを取り入れて、最終的に当時『リズム&ブルース』と呼んでいたものを取り入れたんだ」

「彼は僕の音楽の趣味にも影響を与えた。彼は僕が初めて見た12弦ギターも持っていたんだ。ハディ・“レッドベリー”・レッドベターやビッグ・ビル・ブルーンジーの音楽を聴いていた。僕には既に大きな影響を与えてくれた兄がいたけど、スペンサーは当時僕にとって兄のような存在になったんだよ」

スティーヴ・ウインウッドはスペンサー・デイヴィスについて「ヴィジョンのある人で、60年代のアメリカに対するブリティッシュ・インヴェイジョンの先駆者の1人」だったと評している。

「スペンサーとアメリカに行ったことはないけど、彼は後にアメリカを受け入れて、アメリカも彼を受け入れたんだよね」と彼は語っている。「プロのミュージシャンになる道を作ってくれたという点で彼の影響は大きかったと思っているし、そのことには感謝しているんだ」

スペンサー・デイヴィスは精力的なツアー・ミュージシャンでもあり、スペンサー・デイヴィス・グループの名義で90年代〜2010年代にツアーを行っている。スペンサー・デイヴィス・グループとして最後にツアーを行ったのは2017年となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ