GETTY

Photo: GETTY

オランダで最も高い塔を持つ教会はエディ・ヴァン・ヘイレンの追悼のために鐘を使ったパフォーマンスを行っている。

オランダで生まれたエディ・ヴァン・ヘイレンはガンとの闘病の末に今月享年65歳で亡くなっている。

カリヨン奏者のマルゴシア・フィービッグは現地時間10月10日にオランダで最も高い塔を持つ教会のユトヒレトにあるドム教会でメドレーを披露して、追悼の意を表している。

メドレーでは“Why Can’t This Be Love”、“Love Walks In”、“Jump”といった楽曲が演奏されている。

パフォーマンスの模様はこちらから。

先日、あるストリート・アーティストはニューヨークのブルックリンにあるヴァン・シックレン・アヴェニュー駅をヴァン・ヘイレン・アヴェニュー駅に変更している。

ストリート・アーティストのエイドリアン・ウィルソンはヴァン・シックレン・アヴェニュー駅の壁に備え付けられた駅名表示をヴァン・ヘイレン・アヴェニューに変更している。先月、ルース・ベイダー・ギンズバーグ連邦最高裁判事が亡くなった際も彼は同様のことを行っていたが、最初はヴァン・ヘイレンに追悼の意を表するために他の誰かにやってほしかったと説明している。

また、サミー・ヘイガーは長年続いていたエディ・ヴァン・ヘイレンとの確執について和解していなかったら、その死を受け止めるのは「大変」だっただろうと語っている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ