GETTY

Photo: GETTY

スペンサー・デイヴィスが亡くなった。享年81歳だった。

スペンサー・デイヴィス・グループの結成メンバーであるスペンサー・デイヴィスが肺炎の治療中だった現地時間10月19日に病院で亡くなったと彼のエージェントであるボブ・バークはBBCに語っている。

ボブ・バークはスペンサー・デイヴィスについて「非常に倫理的で、才能に溢れ、心がやさしく、ものすごく知的で寛大な人でした。彼は惜しまれることになるでしょう」と述べている。

スペンサー・デイヴィスはスティーヴ・ウィンウッド、マフ・ウインウッド、ピート・ヨークと共に1963年にバーミンガムでスペンサー・デイヴィス・グループを結成している。元々はザ・リズム&ブルース・カルテットという名前だったスペンサー・デイヴィス・グループは“Keep On Running”、“Gimme Some Lovin”、“I’m A Man”といったヒット曲で知られている。

スペンサー・デイヴィス・グループは1960年代のブリティッシュ・インヴェイジョンの一角を担い、ザ・フーやザ・ローリング・ストーンズなどとツアーを行っている。

1967年にスティーヴ・ウィンウッドとマフ・ウインウッドの兄弟は脱退して、スティーヴ・ウィンウッドはトラフィックを結成し、マフ・ウインウッドはレコード会社の重役を務めている。スペンサー・デイヴィス・グループは1969年7月に終焉を迎え、スペンサー・デイヴィスはソロ・キャリアを築くためにアメリカに移っている。

スペンサー・デイヴィスは1970年代にアイランド・レコーズの重役を務め、アイランド・レコーズ在籍中に「ロバート・パーマーやボブ・マーリーといったアーティストの活躍」を手助けしたと彼の公式サイトには記されている。

スペンサー・デイヴィスは精力的なツアー・ミュージシャンでもあり、スペンサー・デイヴィス・グループの名義で90年代〜2010年代にツアーを行っている。スペンサー・デイヴィス・グループとして最後にツアーを行ったのは2017年となっている。

ソーシャル・メディアではスペンサー・デイヴィスへの追悼の声が寄せられている。

主なツイートは以下の通り。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ