GETTY

Photo: GETTY

システム・オブ・ア・ダウンのヴォーカリストであるサージ・タンキアンはドラマーのジョン・ドルマヤンによる最近の政治的言動について苛立ちを覚えていることを明かしている。

ジョン・ドルマヤンは今年6月に「マイノリティに対する偉大なる友人」とドナルド・トランプ大統領に賛辞を寄せたことでファンを驚かせており、その後もアメリカ大統領選挙に先立って民主党よりも共和党を支持する発言を続けている。

サージ・タンキアンは米『フォーブス』誌のインタヴューでジョン・ドルマヤンと政治的見解を異にする心境について語っている。

「彼は義理の兄弟で、僕のドラマーでもある。ドラマーにして義理の兄弟が政治的には正反対であることに苛立っているかって? ああ、そうだよ。もちろん苛立っているね」とサージ・タンキアンは語っている。「でも、アメリカの政治ではしょうがないことだからね。アルメニアの問題については僕らは間違いなく同じページにいるよ。どんなひどいことが行われてきたかも知っているし、僕らは一緒に取り組んでいる。それぞれ違う活動をしながら、たくさんの問題に取り組んでいるんだ。共和党に投票しようが、民主党に投票しようが、アルメニアの国民としては団結しているんだよ」

彼は次のように続けている。「でも、僕自身はバーニー・サンダースの支持者なんだ。いまだにね。前に進むための最善の選択肢は彼だったといまだに思っている。でも、ジョー・バイデンもいいよね。選挙が近づくと、普段から僕は饒舌だけど、(ナゴルノ・カラバフで起きている)今回の紛争と日々の死亡者数は最大の関心事なんだ」

先日、ジョン・ドルマヤンはサージ・タンキアンがバンド全体の政治的見解を代弁しているわけではないと語っている。

ポッドキャスト『ディヴィアント・ジェントルマン』に出演したジョン・ドルマヤンはイデオロギーの面でサージ・タンキアンとは真逆とも言える自身の政治的見解はバンドのファンに自由に公開されるべきだと語っている。

「サージがバンドの代弁者だと考えているんだとして、ヴォーカルということではそうだけど、イデオロギーでは必ずしもそうじゃないわけでさ。行き着くところはなくなってしまうんだよ」とジョン・ドルマヤンはポッドキャストに語っている。「僕としては違った見解を示したいし、違った考え方をして批判的な考え方をするキッズたちに与えたいんだよ。必ずしも普通に従うのではなく、違った選択肢もあるということを伝えたいんだ。平和的な方法である限り、多様性や選択肢はあっていいし、違う考え方をしてもいいと伝えたいんだ」

先日、サージ・タンキアンはジョージ・フロイドの死に対するアメリカ全土に及んだ抗議運動に対する措置をめぐってドナルド・トランプ大統領について「過去の間違いだらけの非民主的なリーダー」と同様だと述べている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ