GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズはドラマーのピート・ベストを解雇した後にマネージャーのブライアン・エプスタインが書いた手紙がオークションに出品されることが決定している。

ピート・ベストは元々ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンと共に契約していたが、ブライアン・エプスタインによって解雇され、リンゴ・スターは代わって1962年8月に加入している。

1962年から1963年にわたってザ・ビートルズのブッキング・マネージャーを務めていたジョー・フラネリーに宛てて書いたブライアン・エプスタインの手紙は、昨年亡くなったジョー・フラネリーの遺族によってオークションに出品される。

1962年9月8日に書かれた手紙の中でブライアン・エプスタインはジョー・フラネリーに次のように述べている。「『マージー・ビート』で読んだけど、ピート・ベストはジ・オール・スターズに加入したんだってね。僕との契約の義務から解放された証明書を彼に送ったことを君に伝えようと思ったんだ」

「ついでにピートと彼のグループの引き続きの成功を心から願っていることを付け加えたいと思う」

以降、ジョー・フラネリーの遺族によって保管されてきた手紙はオメガ・オークションに出品される。オークションは10月27日に開催され、650ポンドから1000ポンド(88000円から13万6000円)の落札額が見込まれている。

「1959年以降、ジョー・フラネリーはザ・ビートルズの近い友人にして仲間で、1963年の飛躍的な成功に対して大きな役割を果たしていました」とオメガ・オークションのポール・フェアウェザーは述べている。

「ピートが外れた時にみんなバツが悪いと感じていた記録であり、彼が新しいバンドに加入したことには喜んでいたのだと思います」

先日、ポール・マッカートニーはジョン・レノンの生誕80周年を記念したラジオ番組でジョン・レノンとの出会いについて振り返り、2人のソングライティングにおけるパートナーシップについて語っている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ