Tamiym Cader for NME

Photo: Tamiym Cader for NME

ビーバドゥービーはデビュー・アルバム『フェイク・イット・フラワーズ』を初披露した生配信映像が公開されている。

本名をビー・クリスティというビーバドゥービーは花に溢れたスタジオでバンドと共にパフォーマンスを行っている。

9曲をバンドと共に演奏した後、ビーバドゥービーはアコースティックで“How Was Your Day?”を披露した後、再びバンドと共に“Together”、“Yoshimi, Forest, Magdalene”を演奏している。

“Yoshimi, Forest, Magdalene”の前にビーバドゥービーは「これは『フェイク・イット・フラワーズ』の最後の曲よ。自分の子供についての曲なの」と語っている。

『NME』のインタヴューでビーバドゥービーは『フェイク・イット・フラワーズ』に続く新曲にザ・1975のマット・ヒーリーとジョージ・ダニエルズと共に取り組んでいると語っている。

「アルバムの後もちょっとしたものが出るわ。でも、秘密なんだけどね」とビーバドゥービーは語り、そのレコーディングについて「人生で最も素敵な体験の一つ」だったと述べている。「本当に有意義な時間だったわ。犬とおいしい食べ物があったの」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ