PRESS

Photo: PRESS

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテは来たるニュー・アルバムより3曲目となる楽曲“Brand E”をリリースしている。

“Brand E”は抽象的なSFのミュージック・ビデオと共に公開されており、ロサンゼルスの様々な場所で撮影されたビデオはアマリア・アイアンズが監督している。

ミュージック・ビデオにはジョン・フルシアンテとリー・ブーティーのほか、亡くなったマヤに代わる猫のタニアも出演している。マヤはアルバム名の由来となっている。

“Brand E”のミュージック・ビデオはこちらから。

アルバムからはこれまでに“Amethblowl”と“Usbrup Pensul”が公開されている。新作『マヤ』は10月23日にリリースされる。

ジョン・フルシアンテはアルバムについてパーソナルなものだと語っており、なのでトリックフィンガー名義ではなく、ジョン・フルシアンテとしてリリースすると述べている。

「マヤは15年間、音楽を作っている時に一緒にいてくれたんだ。だから、マヤにちなんで名付けたんだ」とジョン・フルシアンテは述べている。

「マヤは音楽が大好きで、そういうパーソナルなタイトルだから、トリックフィンガーの名前はふさわしくないと思って、ジョン・フルシアンテ名義にしたんだ」

アルバムは『シー・スマイルズ・ビコーズ・シー・プレスズ・ザ・ボタン』と同様にジャングル、ハードコア、ブレイクビートの影響を受けたものとなっている。

「これまでやってきたような詞を書くとか歌うとかいったことには興味がなかったんだ」とジョン・フルシアンテはアルバムについて語っている。

「自分1人でやる時に自然なのは今年リリースされたような音楽を作ることだけなんだ。機材やコンピューターでいろいろやったりするのが好きなんだよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ