GETTY

Photo: GETTY

ヴァン・ヘイレンのエディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなったことを受けて、あるストリート・アーティストはニューヨークのブルックリンにあるヴァン・シックレン・アヴェニュー駅をヴァン・ヘイレン・アヴェニュー駅に変更している。

エディ・ヴァン・ヘイレンは咽頭ガンとの闘病の末に享年65歳で亡くなっている。

ストリート・アーティストのエイドリアン・ウィルソンはヴァン・シックレン・アヴェニュー駅の壁に備え付けられた駅名表示をヴァン・ヘイレン・アヴェニューに変更している。

先月、ルース・ベイダー・ギンズバーグ連邦最高裁判事が亡くなった際も彼は同様のことを行っていたが、最初はヴァン・ヘイレンに追悼の意を表するために他の誰かにやってほしかったと説明している。

「やあ、みんな。これの作り方とどれだけ簡単かをテレビでも説明したんだ。有名な人が亡くなったら駅名を見てみて、その故人を偲ぶために駅名を変えてみてほしい。すごく簡単だからね」とエイドリアン・ウィルソンは述べている。

彼は次のように続けている。「誰かがブルックリンに行って、やってくれるかなと思って4日間待ってみたけど、誰も名乗りを上げなかったから、自分でやらなきゃと思ったんだ。どういたしまして」

現地時間10月12日にエイドリアン・ウィルソンは更新して、駅員によって元に戻されたことを明かしている。

ヴァン・ヘイレンはエディ・ヴァン・ヘイレンの訃報を受けてストリーミングの再生回数が1300%で増加したことが明らかになっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ