GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ビーバーはプロデューサーのベニー・ブランコを迎えた新曲“Lonely”をリリースすることを発表している。

ジャスティン・ビーバーは短い動画をソーシャル・メディアに投稿して、ベニー・ブランコとリル・ディッキーが参加している新曲を予告していた。本日、新曲“Lonely”が10月16日にリリースされることが発表されている。ジェイコブ・トレンブレイが出演しているミュージック・ビデオも公開される予定となっている。

ジャスティン・ビーバーは今年2月に5年ぶりとなるアルバム『チェンジズ』をリリースしている。『チェンジズ』のリリース後、ジャスティン・ビーバーはアリアナ・グランデとの“Stuvk with U”、チャンス・ザ・ラッパーとの“Holy”をリリースしている。

“Lonely”はベニー・ブランコにとって2020年初の楽曲となっている。昨年、ベニー・ブランコはジュース・ワールドやカルヴィン・ハリス、セレーナ・ゴメス、J. バルヴィンらとの楽曲をリリースしていた。唯一のアルバム『フレンズ・キープ・シークレッツ』は2018年にリリースされている。

商業的成功を収めたソングライティングやプロデュースで知られるベニー・ブランコは自身の名義で音楽をリリースすることにした理由について『NME』に説明している。

「違うことをやりたかったんだ。常に自分自身に対して挑戦しようとしているんだよ。他のラッパーやポップ・アーティストとやるにせよ、切り替えてみんなが僕にできないだろうと思っていることをやってみたかったんだよね」

「どちらも素晴らしい世界なんだ。コンサートにのめり込むこともできれば、クールな人とつるむこともできるんだろうけど、誰も僕がどんな人間なのかを知らないんだよね。今はそうしたことに慣れているところだよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ