GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・クロスビーは亡くなったエディ・ヴァン・ヘイレンについてのツイートで批判を受けている。

現地時間10月10日にデヴィッド・クロスビーは10月6日に亡くなったエディ・ヴァン・ヘイレンについての意見を求められている。

デヴィッド・クロスビーは一言「どうでもいい」と応じている。

デヴィッド・クロスビーの素っ気ない反応はミュージシャンやファンからの動揺を引き起こしている。

「クソみたいな失礼な間違った対応だな」とL.A.ガンズのトレイシー・ガンズは述べている。

「人の音楽に興味がなくてももっと言い方があるだろ。すごく失礼だよ。率直に言って、お前とうぬぼれた回答にはうんざりだよ」

ツイステッド・シスターのディー・スナイダーもトレイシー・ガンズに同意して、「デヴィッド・クロスビーとあの口ひげはずっと嫌いだった」と述べている。

デヴィッド・クロスビーはファンが憤りを露わにすると改めてコメントしている。

「すまない……彼にはそんなに心を動かされなかったということを言いたかったんだ」と彼はツイートしている。

10月12日にデヴィッド・クロスビーは次のように述べている。「ジミ・ヘンドリックスはギターの世界を変えた。他の誰にもできない形でね。分かるよ。多くの人がヴァン・ヘイレンを愛しているし、一度会った時は素敵な人だった。彼には才能があった。どうでもいいというのはそんなに興味がないということでね。よくないと言っているわけじゃない。素晴らしかったんだけど、それは自分にとっては違ったんだ」

エディ・ヴァン・ヘイレンの訃報を受けて多くのミュージシャンが追悼の意を表している。

「エディの大好きだったことの一つはいつも笑顔だったことでね。すべての瞬間を楽しんでいるように見えるんだよね」とオジー・オズボーンは米『ローリング・ストーン』誌に語っている。

先日、サミー・ヘイガーはエディ・ヴァン・ヘイレンが亡くなる前に友人関係を復活させたことを明かしている。

「エディ・ヴァン・ヘイレンと僕はショート・メールをやりとりしていたんだ。今年、コミュニケーションをとり始めてからは褒め合いだったね」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ