GETTY

Photo: GETTY

ヴァン・ヘイレンはマネージャーによれば、昨年クラシック・ラインナップでツアーする考えがあったことが明らかになっている。

エディ・ヴァン・ヘイレン、アレックス・ヴァン・ヘイレン、デイヴィッド・リー・ロス、マイケル・アンソニーというクラシック・ラインナップでライヴを行う噂についてはここ数年持ち上がっていたが、ヴァン・ヘイレンのマネージャーであるアーヴィン・エイゾフは実際にその意向があったことを認めている。

エディ・ヴァン・ヘイレンが咽頭ガンで亡くなったことを受けてアーヴィン・エイゾフは『ポールスター』で2019年のツアー・プランはエディ・ヴァン・ヘイレンの健康問題のためになくなったと語っている。

「いろいろ紆余曲折があったんだけど、2019年の夏にスタジアム・ツアーをやろうという意志はあったんだ」とアーヴィン・エイゾフは語っている。「でも、ガンが進行して、健康面でできなくなってしまったんだ」

アーヴィン・エイゾフはフー・ファイターズメタリカといったバンドを選んだ都市に招くことを計画していたとして、ツアーをバンドの最後にする予定だったと述べている。

「私の頭の中では間違いなく巨大なものになっていたと思うよ」

音楽界からはオジー・オズボーン、メタリカ、ミューズ、パール・ジャムのマイク・マクレディ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリー、キッスのジーン・シモンズ、AC/DCのアンガス・ヤング、レニー・クラヴィッツらが追悼の意を表している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ