GETTY

Photo: GETTY

ヴァン・ヘイレンのヴォーカリストであるデイヴィッド・リー・ロスは亡くなったエディ・ヴァン・ヘイレンに追悼の意を表明している。

エディ・ヴァン・ヘイレンは長きにわたるガンとの闘病の末に現地時間10月6日の朝に亡くなっている。享年65歳だった。

デイヴィッド・リー・ロスは2人のモノクロの写真をツイートして、「なんて長く素晴らしい旅だったか」という言葉を添えている。

1996年までヴァン・ヘイレンのヴォーカリストだったサミー・ヘイガーはエディ・ヴァン・ヘイレンと飛行機で肩を組む写真をツイートして、「胸が張り裂けそうで言葉がないよ。愛を家族に」と述べている。

2005年までベーシストを務めていたマイケル・アンソニーも「言葉がない……胸が張り裂けそうだ。愛を家族に」とインスタグラムで述べている。

この投稿をInstagramで見る

No words…Heartbroken, my love to the family💔

Michael Anthony(@mad_anthony_bassman)がシェアした投稿 –

1996年から1999年までヴォーカリストを務めていたゲイリー・シェロンは次のようにツイートしている。「恵まれたことに彼と知り合いだったかどうかはともかく、彼はやさしく、親切な心の持ち主だった……僕らの人生に対する彼の影響は計り知れないよ。彼の音楽は永遠だ。家族に心からのお悔やみを申し上げます。大好きだったよ、エド」

エディ・ヴァン・ヘイレンは2000年に舌ガンと診断されて以降、闘病生活を送っていた。彼は病気を舌の同じスポットでくわえていた金属製のギター・ピックのせいだと考えていた。

エディ・ヴァン・ヘイレンは1972年にカリフォルニア州でヴォーカルのデイヴィッド・リー・ロス、ドラムのアレックス・ヴァン・ヘイレン、ベースのマイケル・アンソニーと共にヴァン・ヘイレンを結成している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ