GETTY

Photo: GETTY

ルイス・キャパルディ、セレステ、ケイト・ル・ボンは地域のライヴ会場への資金を募るため配信ライヴを行うことが決定している。

この配信はアマゾン・プライム・デーのためのライヴ・イベントとして開催される。

ルイス・キャパルディはスコットランドで、セレステはイングランドで、ケイト・ル・ボンはウェールズでそれぞれライヴを行うということで、どれも日本時間10月10日午前3時よりトゥイッチやアマゾン・ミュージックのアプリで配信される。寄付はUKの苦しんでいる地域のライヴ会場に渡される。

ミュージック・ヴェニュー・トラストの発起人であるマーク・デヴィッドはこの公演の重要性について次のように述べている。「UKの地域のライヴ会場の多くは閉店の重大な危機に瀕しており、それぞれの会場に関係する人間だけでなく、UKの音楽文化にとっても壊滅的な状況となっています」

「アマゾン・ミュージックは新型コロナウイルスの危機に対して早い段階で寄付を行ってくれた1人でした。今回のプライム・デーのイベントでも会場の苦境への関心を集め、営業し続けるための寄付を促進してくれるという引き続きの支援を喜んでいます」

「あらゆる資金が助けとなる中でアマゾンの寄付と一般からの援助については非常に有り難く思っています」

先日、ルイス・キャパルディはエド・シーランから名声に関するアドバイスを受けたことを明かしている。

ルイス・キャパルディはアメリカのラジオ局によるインタヴューの中でエド・シーランと交わした会話の一部を明かしている。

「彼は面白い話をしてくれたんだけど、彼がまず最初に話してくれたのが名声についてだったんだ」とルイス・キャパルディは語っている。「彼は『まだ慣れない感じ?』と言ってくれて、『ちょっと慣れないですね』と答えたら、『覚えておいてほしいのは、名声は君を変えることはないということでね。名声は周りの人を変えてしまうんだ』と彼は語っている」

「僕は『ああ、それは大変ですね』という感じで答えたんだけど、でも、いい指摘だよね。僕もまったく同じように感じた。彼の言っている通りなんだよね」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

ビッコレ
ビッコレ
関連タグ