Stefan De Batselier / PRESS

Photo: Stefan De Batselier / PRESS

オアシスのフォトグラファーであるマイケル・スペンサー・ジョーンズは『モーニング・グローリー』のレコーディングの間に起きた喧嘩を振り返り、その喧嘩の間に「解散した」と述べている。

オアシスは1995年にウェールズのロックフィールド・スタジオでレコーディングしたアルバム『モーニング・グローリー』の25周年を祝福している。

マイケル・スペンサー・ジョーンズは喧嘩を「ロックフィールド庭園で起きたヴィクトリア朝の殴り合い」と評し、リアム・ギャラガーノエル・ギャラガーによるこれまでの喧嘩とは「違うレベル」のものだったと語っている。

「混乱した状況で終わった後のリアムの部屋の荒れっぷりはそれまで見たことのなかったものだった」とマイケル・スペンサー・ジョーンズは語っている。「核爆発が起きたみたいだった」

「ノエルはロンドンにあったポール・ウェラーの家に自分が車で連れて行くように行ったんだけど、でもアルコールを飲んでいたから僕は運転できなかったんだ。バンドのメンバーはすぐにその場を離れてしまった。誰しもが『もしかして、これで終わりか?』と思ったよ」

マイケル・スペンサー・ジョーンズは次のように続けている。「ほとんどのメンバーがレコーディング・セッションを残したまま、いなくなってしまった。僕はまだスタジオにいたんだけどね。みんな、アルバムは完成しないかもしれないと思ったよ。それくらい深刻な喧嘩だったんだ」

「あの時は本当に解散したんだ。史上最高のアルバムの一つでありながら、そのレコーディングの最中にバンドは終わったんだ」

『モーニング・グローリー』については「リターン・トゥ・ロックフィールド」と題したドキュメンタリーがYouTubeで公開されている。

ノエル・ギャラガーは公開された『モーニング・グローリー』のドキュメンタリーの中でリリース時のことを振り返り、「すぐに人々がおかしくなった」と語っている。

「学校に通っていた頃、夢見てきたような状況だよね。分かるだろ? 何もかもが変わってしまったんだ。それで金が入ってきて、大混乱になったんだ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ