GETTY

Photo: GETTY

ビッグ・ショーンはスラッシュの後に購入した邸宅について彼が残していた骸骨をそのままにしていることを明かしている。

ビッグ・ショーンは『NME』の新たなインタヴューでスラッシュのビヴァリー・ヒルズの購入した自宅をリフォームしたことについて語っているが、スラッシュが残していた品々を彼がかつて所有していたことを思い出させるために残していると述べている。

『デトロイト2』に収録された“Lucky Me”でビッグ・ショーンは次のようにラップしている。「Even bought Slash old crib, that’s rock star as it gets(スラッシュの昔の家を買ったけど、これが最高にロックスターなんだ)」この一節について訊かれると、ビッグ・ショーンは次のように答えている。「ああ、ビヴァリー・ヒルズにあるんだけど、クレイジーなんだよ。ナイトクラブまであるんだ。改修したけど、俺はクラブで遊ぶような奴じゃないけど、ナイトクラブは残したね」

ビッグ・ショーンは次のように続けている。「スラッシュは壁にいくつか骸骨も置いていったんだけど、それも残したよ。ものすごくカラフルなドアもあるんだけど、それも残した。あとは階段の一つにものすごく巨大な絵があるんだ。そうしたいくつかの思い出の品々を残したんだ。『これぞスラッシュだ』ってね」

インタヴューではビッグ・ショーンが鬱に打ち勝ったことや一緒に作業している時にエミネムと深夜に交わした会話などについても語っている。

アルバムの“Friday Night Cypher”に参加しているエミネムについてビッグ・ショーンは次のように語っている。

「エミネムと最初に繋がったのは2014年に“Detroit Vs. Everybody”をやった時なんだ。ロイス・ダ・ファイヴ・ナインなんかが結びつけてくれたんだ。彼って仲介役なんだよね。それで俺とエミネムとエンジニアだけでスタジオに入ったんだ。ピザを食べながら『サウス・パーク』と『ファミリー・ガイ』のどっちのほうがいいかについて話をしたよ」

「エミネムは『サウス・パーク』のほうがいいと言ったんだけど、俺は当時『ファミリー・ガイ』のほうがいいと言ったんだ。あの番組の大ファンだったからね。後から考えると、『サウス・パーク』もすごかったんだけどね。素晴らしい番組だよ」

ビッグ・ショーンは9月4日に最新作『デトロイト2』をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ