Crowns & Owls

Photo: Crowns & Owls

ロンドン・グラマーは来たるニュー・アルバムからのタイトル・トラック“Californian Soil”が公開されることが決定している。

ロンドン・グラマーは“Californian Soil”について「バンドとしてのターニング・ポイント」と語っており、だからアルバム・タイトルにすることにしたと述べている。“Californian Soil”は日本時間10月2日午前3時30分に公開される。

“Californian Soil”は新作から公開された2曲目の楽曲で、アルバムは2017年発表の『トゥルース・イズ・ア・ビューティフル・シング』以来となっている。

先月、アルバムからは“Baby It’s You”が公開されており、こちらは2019年にリリースされたフルームとの“Let You Know”以来の楽曲となっていた。

ハンナ・リードはフルームとのコラボレーションについて次のように語っている。「ハーリーと一緒にやれるのは光栄よね。だって、彼は誰とも違う形でエレクトロニック・ミュージックの境界を押し広げている人だから。彼みたいなエレクトロニックのアーティストって今後も現れないと思う。一緒にやって曲もすごく気に入っているわ」

先日、ロンドン・グラマーはBBCラジオ1の『ライヴ・ラウンジ』でザ・ウィークエンドの“Blinding Lights”のカヴァーを披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ