GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはオアシスの“Champagne Supernova”の歌詞が意味するところについて「分かっていなかった」と認めている。

“Champagne Supernova”はオアシスの楽曲でも最も感情の込められた曲の一つとされているが、ノエル・ギャラガーは前回のツアーで演奏したことで歌詞に曖昧さに疑問を持ち始めたと語っている。

『モーニング・グローリー』の25周年を記念して「シリウスXM」に出演したノエル・ギャラガーは次のように語っている。「前回のツアーで“Champagne Supernova”を演奏したんだけど、あの曲って長いからさ。たまに知らぬ間に楽しくなってさ。『この曲はどういう意味なんだろう?』って思うんだ」

「『Walking down the hall faster than a cannonball』って何のことだ?ってね。俺が書いたから知ってなきゃいけないんだけど、分かっていなかったんだよ」

歌詞については明るくないものの、ノエル・ギャラガーは世代を超えた曲の力のおかげで時の試練に耐えることができたと述べている。

「イングランドの北部のどっかで客に目をやったんだけどさ」と彼は説明している。「ティーンエイジャーの海だったんだ。全員若い奴らで、肩を組んで、解散したバンドの意味のない曲の歌詞をシンガロングしているんだ。2歳の時に解散しているのにね。それで、ひそかに思うんだ。『こういうことなんだな』ってね」

「俺たちがまだ若かった頃に書いてレコーディングした曲だからね。今なお若い人にアピールするんだよ。今や3〜4世代にわたってそうなっているんだ」

先日、ノエル・ギャラガーは昔のアーティストと現在のシーンを比較して、かつては一番売れているアーティストが最も優れたアーティストだったと語っている。

「一番売れている奴らはくだらないね。俺が子どもの頃は一番売れている人たちは最も優れたアーティストだった。世界で最も売れているバンドは大抵、世界で最も優れたバンドだった」

「今、世界で最も売れているアーティストはテイラー・スウィフトだろ。な? どうでもいいよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ