GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーは1980年に銃殺される前にジョン・レノンと和解できたことへの安堵を口にしている。

ジョン・レノンの生誕80周年を記念したBBCラジオ2の番組でポール・マッカートニーは息子のショーン・レノンに対して1970年にザ・ビートルズが解散した後、ジョン・レノンと不仲になったことを振り返っている。

そうした確執にもかかわらず、ポール・マッカートニーとジョン・レノンは1980年12月にニューヨークでマーク・チャップマンに銃殺される前に和解したと見られている。

ポール・マッカートニーはショーン・レノンに次のように語っている。「いつもみんなに言っているんだけど、ザ・ビートルズのいざこざや口論、ビジネス面での違いなんかを経て、君の父親と再び仲良くなれたことは本当に嬉しくて、素晴らしかったことの一つなんだ」

「もう一度一緒になれなかったら、本当に心の痛みになっていたと思う。僕らのやったことは本当に素敵なことだったし、それを知る強さを僕に与えてくれたんだ」

ポール・マッカートニーは2人で歴史上最も評価を受けたソングライティングのパートナーシップの一つを築いたことについても語っており、初期はうまくいかなかったこともあることを認めている。

「よくない曲もいくつかはあったよ」とポール・マッカートニーは語っている。「曲の書き方を知らない若いソングライターによるものだという曲も数曲あった。一つは“Just Fun”という曲だった」

ポール・マッカートニーはジョン・レノンが亡くなって40年経つ今も作曲をしている時にジョン・レノンのことを考えるとしている。

「作曲をしていて、『あちゃー、ひどいな』ってなると、『ジョンだったらなんて言うだろう?』と思うんだ。そして、『そう、君の言う通りだ。これはすごくひどい。変えなきゃならない』と思うんだ」

「それで変えるんだよ。彼も近いようなことをしていたという報道を知っている。僕がアルバムを出すと、ジョンは『くそ……スタジオに行かなきゃ。ポールよりもいいものをやらなきゃ』って言うんだ」

先日、ジョン・レノンは眼鏡と学校に通っていた頃の通知表がオークションに出品されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ