GETTY

Photo: GETTY

AC/DCは謎の動画をオンラインに投稿して待望となるシーンへの復帰を予告している。

ソーシャル・メディアでAC/DCは代名詞となる稲妻形のロゴのネオンライトが光る動画を投稿している。動画では一瞬だけ電源が入り、背後ではギターをアンプに繋ぐような音がしている。

ソーシャル・メディアのプロフィール画像やバナーもバンドの復帰を示唆しており、稲妻のロゴと繋がれた機材の写真が使われている。

AC/DCは先日バンドにシンガーのブライアン・ジョンソンとドラマーのフィル・ラッドが復帰したことを示すミュージック・ビデオ撮影の写真も公開されていた。

ブライアン・ジョンソンは聴覚を失う可能性からバンドを2016年に離脱していた。フィル・ラッドは2015年にドラッグ所持と殺人教唆で有罪になったことを受けて脱退していた。

AC/DCは既にニュー・アルバムをレコーディングしたと見られている。

7月にバンドの近い友人であるツイステッド・シスターのディー・スナイダーはアルバムは既に完成しているものの、新型コロナウイルスのパンデミックのためにリリースが延期されたと述べている。

「アルバムはテクノロジーの奇跡なんだ」とディー・スナイダーはABCに語っている。

「実現することとして知っているのは、もう1枚のアルバムのためにバンドが戻ってくるということだよ。高揚と切なさが同時に襲ってくるんだ。というのも永遠に続くものはないからね。でも、究極の『もう一度』になるよ」

AC/DCの再始動について最初に報じられたのは2018年で、亡くなったマルコム・ヤングの演奏が「全曲」で使われた新作に取り組んでいると報じられていた。

今年2月にはディー・スナイダーがブライアン・ジョンソンと食事をしたことを明かしており、「彼は多くのことを語ってくれてね。ここでは言いたくないようなこともたくさんね」と語っている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ