GETTY

Photo: GETTY

ボン・イヴェールはアメリカのテレビ番組に出演して“22 (OVER S∞∞N)”のパフォーマンスの中で有権者登録を呼びかけている。

ボン・イヴェールは2016年に発表の『22、ア・ミリオン』に収録されている“22 (OVER S∞∞N)”を『ザ・レイト・ナイト・ウィズ・スティーヴン・コルベア』で披露している。

シンセサイザーに囲まれてギターを膝に乗せたジャスティン・ヴァーノンは新たなサンプルを導入して3分弱の曲を6分まで拡大している。彼の顔の上には黄色い文字で「ウィスコンシン州、2020年10月14日までにオンラインか郵便で有権者登録してほしい」と表示されている。

パフォーマンスの映像はこちらから。

アメリカ大統領選挙は11月3日に行われ、民主党のジョー・バイデン候補が共和党のドナルド・トランプ政権に挑む形となっている。

先月、ボン・イヴェールはUK&ヨーロッパ・ツアーの振替日程を発表しており、ロンドンでは2公演目を行うことも決定している。2020年4月に予定されていた公演は2021年1月に振り返られていたが、さらに2021年の10月から11月に振り返られている。ツアーはサポート・アクトとしてザ・ナショナルのアーロン・デスナーによるビッグ・レッド・マシーンが出演することも決定している。

ボン・イヴェールは来年、ノルウェーのエイヤ・フェスティバルでヘッドライナーを務めることが決定している。ボン・イヴェールは昨年8月に通算4作目となる『アイ、アイ』をリリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ