GETTY

Photo: GETTY

2020年のマーキュリー・プライズはマイケル・キワヌーカの通算3作目のアルバム『キワヌーカ』が受賞している。

イギリスとアイルランドの音楽にとって最も栄えある賞の一つであるマーキュリー・プライズはBBC 1で放送された『ザ・ワン』の生中継で受賞作が発表されている。

マイケル・キワヌーカはトロフィーと賞金の25000ポンドを受け取っている。

受賞後、マイケル・キワヌーカは次のように語っている。「天にも昇る気持ちだよ。言うべき言葉がないよ。本当に嬉しいんだ。みんなの言う通り、アートのための、音楽のための賞だからね。これこそ僕が唯一達成したかったことなんだ。だから、マーキュリー・プライズを受賞できて夢がかなったよ。本当に嬉しいね」

番組に先立って司会を務めたアニー・マックがマイケル・キワヌーカに受賞を伝えるサプライズ映像も公開されている。「何を言えばいいか分からなかったんだ。言葉が出なかったよ。驚いた。嘘だろと思った。クレイジーだね」

今年のマーキュリー・プライズには他にスポーツ・チーム、ジョージア、チャーリーXCX、ポリッジ・レディオ、デュア・リパ、ストームジー、アンナ・メレディス、カノ、ランタンズ・オン・ザ・レイク、ローラ・マーリング、モーゼス・ボイドがノミネートされていた。

今年の審査員にはアニー・マック、アンナ・カルヴィ、ジョルジャ・スミス、ギャズ・クームスらが参加している。

受賞アルバムの発表前にアニー・マックは次のように語っている。「普段であれば、この夜に審査員は一つの会場でどのアルバムが受賞するかを決めようとするのですが、今回は1日前に行わなければならず、それはZoomを通してのものです。なので、受賞作を24時間秘密にしておかなければならなかったのです」

昨日、マーキュリー・プライズは2020年の候補アーティストによるパフォーマンス映像が公開されていた。

また、7月に候補作が発表されて以降、候補作のセールスが急増したことも明らかになっている。

昨年のマーキュリー・プライズはアイドルズやスロータイ、リトル・シムズらをしのいでデイヴの『サイコドラマ』が受賞している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ