GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストーン・ローゼズのイアン・ブラウンは新型コロナウイルスの陰謀説を唱え、「自分たちをデジタルの下僕にするために計画・策略された」と述べている。

一連のツイートの中でイアン・ブラウンは新型コロナウイルスのパンデミックを「プランデミック」と呼んでおり、「#NOWORKFORSINGERS(シンガーには仕事もない)」とハッシュタグを付けている。

また彼はジョージ・オーウェルの言葉を引用している。「あらゆる独裁は詐欺と武力でもって統治するが、一度詐欺が露呈した後は武力だけに頼るようになる」

イアン・ブラウンは新型コロナウイルスのパンデミックの中でマスクやワクチンについて疑問視する見解を示したことで批判が寄せられることとなっていた。

現地時間9月5日にイアン・ブラウンは「ロックダウンも検査も追跡もマスクもワクチンもいらない」とツイートし、「リサーチ&デストロイ」というハッシュタグを付けている。

イアン・ブラウンは先週ロックダウンについて歌った新曲“Little Seed Big Tree”も公開されている。

先日、ノエル・ギャラガーは今年制定された法に反して買い物の時にマスクをしないと語っている。

マット・モーガンとのポッドキャストに出演したノエル・ギャラガーは新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために推奨されているマスクの着用について「くだらない」と語っている。

「全部がくだらないよな。(イギリスの高級百貨店である)セルフリッジズでもマスクを着けることになっているわけだけどさ。それでパブに行ったら、バカどもに囲まれることになるわけでね。言ってること分かるか? パブだとウイルスは持っていなくて、セルフリッジズだとウイルスは持っているとでも言うのか?」とノエル・ギャラガーは語っている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ