Andy Ford

Photo: Andy Ford

ノエル・ギャラガーは女性アーティストの性対象化についてアメリカを批判している。

ノエル・ギャラガーは今年のMTVビデオ・ミュージック・アウォーズ授賞式でマイリー・サイラスが行った“Midnight Sky”のパフォーマンスについて言及しており、パフォーマンスは巨大なミラーボールに乗るものとなっている。

彼は『デイリー・スター』に次のように語っている。「君の悪いマイリー・サイラスが出てて、ひどいことをやっていたんだけどさ。俺の9歳の息子(ソニー)が言ったんだ。『なんでカメラマンは足を映しているの?』ってね」

「アメリカのせいで女性が性対象化されるんだ。ブリティッシュ・カルチャーは女性を性対象化してきたりはしなかった。全部アメリカなんだよ。ガキっぽい体育会系的なカルチャーがあるんだよ」

マイリー・サイラスは先日、自身のパフォーマンスについてMTVの性対象化を非難していた。

「女性にはいつも美容用の照明が点けられていて、『照明を消して』と言ったわ」とマイリー・サイラスは語っている。「トラヴィス・スコットやアダム・レヴィーンに美容用の照明は消せないなんて言わないでしょ」

マイリー・サイラスはブレスレットを着けなければならなかったことについてプロデューサーにこう言われたと明かしている。「男性のように扱われたい? 男性がやっているなら、こんなふうにはしないよ」

マイリー・サイラスは次のように続けている。「だから、私は言ったの。『男性はこんなことしないわよね。私のように性と共に自分のショウを売ったりしないから』ってね」

先日、ノエル・ギャラガーは今年制定された法に反して買い物の時にマスクをしないと語っている。

「全部がくだらないよな。(イギリスの高級百貨店である)セルフリッジズでもマスクを着けることになっているわけだけどさ。それでパブに行ったら、バカどもに囲まれることになるわけでね。言ってること分かるか? パブだとウイルスは持っていなくて、セルフリッジズだとウイルスは持っているとでも言うのか?」

先日、ザ・ストーン・ローゼズのイアン・ブラウンもマスクの使用を否定するツイートを投稿しており、ロックダウンを否定する新曲も発表している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ