PRESS

Photo: PRESS

ペンデュラムは10年ぶりとなる新曲“Nothing For Free”と“Driver”が公開されている。

ロブ・スワイア、ギャレス・マクグリレン、ポール・ハーディングから成るペンデュラムは通算3作目となるアルバム『イマージョン』をリリースした2年後の2012年に解散していた。

“Nothing For Free”と“Driver”の音源はこちらから。

“Nothing For Free”は今夜20時にミュージック・ビデオが公開される予定となっている。

「だいぶ前からいくつかの新曲に取り組んでいたんだけど、ようやく出すことができて素晴らしいよ」とロブ・スワイアは語っている。「ロックダウンの前にオーストラリアやニュージーランドでやった公演で新曲を演奏したんだけど、そこから間違いないものにするためにひねりを加えたんだ」

ペンデュラムは来年「トリニティ」と題したコンセプトでフェスティバルを回ることを計画している。

「トリニティは今の僕らにとって完璧なツアー・モデルだと思うんだ。初期にやっていたようにツアーで新曲を試すような自由さがあって、一方で大きなイベントで大観衆を前に行う特注のパフォーマンスを行うこともできるんだ」

ペンデュラムは2016年にマイアミでライヴ復帰を果たしており、2017年8月には6年ぶりとなるロンドン公演も行っている。当時、ロブ・スワイアは再結成について自分次第だったら実現しなかっただろうと『NME』に語っている。

「頭の後ろで常にこう言ってくる声があるんだ。『どこかでもう一度やるべきだ。意地を張っているのはやめろ』ってね。それが多分やると言った理由だよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ